調査研究

HOME» 調査研究 »「省エネ・ピークカットへの取り組みがもたらす企業ブランド価値」に関する調査研究

調査研究

「省エネ・ピークカットへの取り組みがもたらす企業ブランド価値」に関する調査研究

「省エネ・ピークカットへの取り組みがもたらす企業ブランド価値」に関する調査研究

関西大学商学部 陶山計介教授と一般社団法人ブランド戦略経営研究所(大阪府吹田市)は、2013年8月~11月に、節電や環境対策として先進的取組を行っている企業の総務・財務や環境管理部門の設備従事者や、一般企業に勤める関東・関西の有職者を対象に、「省エネ・ピークカットへの取り組みがもたらす企業ブランド価値」に関する調査研究を行いました。

資料PDF:
【リリース】省エネピークカットへの取り組みがもたらす企業ブランド価値(BSI)

2013/12/03

調査研究

お問合せ


〒564-8680
大阪府吹田市山手町3-3-35
関西大学経商オフィス
TEL:06-6368-1147

管理画面

powerdby