2018年6月度(通算第142回) 東京第12回フォーラム

AI & IoT時代におけるブランド構築とビジネス・イノベーション

「一般社団法人 ブランド戦略研究所」では、毎年恒例になっている東京第12回フォーラムを6月22日(金)に開催します。今回は「関西大学東京経済人倶楽部」との共催で、「カイザー・オープン・セミナー」としても開催するものです。今回の東京第12回フォーラムでは、「AI & IoT時代におけるブランド構築とビジネス・イノベーション」というテーマを設定し、この分野の最先端で精力的に活躍しておられるお二人をお招きしました。

カカオを通して世界を変える

品質の良いカカオ豆を安心・安全に消費者へ届けるため、インドネシア・スラウェシ島の契約農園から直接買い取り、カカオ豆の焙煎からチョコレート製造までを一貫して行う本格的な「Bean to bar」のパイオニアとして注目されるDari K (ダリケー)株式会社。その良質で新鮮なチョコレートは、世界最大のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」でも高い評価を得ています。今回は同社の設立の経緯やビジョンそしてソーシャルなミッションをお客様にどのように伝えていくのか伺いました。

「変わらぬ美味しさ」と「楽しさの体験」

世界50ヵ国以上のアイスクリームファンを魅了し続けているハーゲンダッツ。1984年に日本法人が設立されて以来、高級アイスクリーム市場の先駆者として30年以上現在も変わらぬブランド力を持ち続けています。2016年度に売上高が502億円という過去最高を記録した同社の、その好調の要因と今後の展開について、上席執行役員 マーケティング本部 エグゼプティブマネージャーの坂東佳子氏にお話を伺いました。

2017年11月度130回 東京第11回フォーラムレポート

「IoT&グローバル時代に求められるブランド戦略と顧客コミュニケーションの革新」
ダイキン工業株式会社 片山義丈部長、デッカーズジャパン合同会社安達満プロデューサー、横山健一郎氏欠席に急遽ご登壇いただいた当研究所顧問、中央大学田中洋教授にご講演いただき、時代変化とブランドの関係、顧客コミュニケーションをどうすればよいのか、などの課題を取り上げました。

ブランド戦略研究所について

一般社団法人ブランド戦略研究所は、マーケティングや広告、広報がかかえる課題の解決、知財部門と商品開発などに関する成功事例やテーマについて活発な議論がなされ、その成果が会員企業にフィードバックされ、ビジネスの成功にも大きく貢献してきました。

理事長挨拶

一般社団法人ブランド戦略研究所は、大阪、関西を基盤としながら、広く日本全国の企業・団体、また官民をあわせて経営トップマネジメント、マーケティング、広告、広報、知財などの分野のビジネスに役立つプラットフォームたるオールジャパンの全く新しいシンクタンクです。

100回を超える過去の開催記録

「(陶山ゼミ)ブランド戦略研究会」は、2002年1月25日に第1回の研究会が開催され、2016年には100回を超えました。会員企業や講師を務められた企業も多岐にわたり数多くのご協力をいただいております。

入会のご案内

経営トップマネジメント、マーケティング、知財などブランド戦略とそのマネジメントに関わっておられる方、特に、「グローバル企業が成功した秘密や経営課題を学びたい方」「激変の時代における消費者の購買行動と流通戦略を知りたい方」へご入会をお勧めしています。
最新情報

お問合せ


〒564-8680
大阪府吹田市山手町3-3-35
(関西大学商学部陶山研究室内)
 TEL:06-6368-0665
 FAX:06-6339-7704

管理画面

powerdby