会員動向

HOME» 会員動向 »当研究所田中洋顧問(中央大学教授)の新著『ブランド戦略論』刊行さる!

会員動向

当研究所田中洋顧問(中央大学教授)の新著『ブランド戦略論』刊行さる!

当研究所田中洋顧問(中央大学教授)の新著『ブランド戦略論』刊行さる!

一般社団法人ブランド戦略研究所の顧問である田中 洋 中央大学教授が待望の「日本発の本格的ブランド体系書」を刊行されました。

アーカー(D.A. Aaker)カリフォルニア大学バークレイ校アーカー名誉教授が、1991年に“Managing Brand Equity”(陶山他訳『ブランド・エクイティ戦略』ダイヤモンド社、1994年)を刊行して以来、欧米だけでなく日本でもブランドがあらゆる業界、企業、製品・サービス、国、地域や都市、さらにわれわれの日常生活にまで広く、深く浸透してきました。

企業の究極の競争手段の1つとしてのブランドへの期待が高まるだけでなく、いまや人間社会の規範やドライビングフォースの1つにもなってきているのです。

 ただこれまではアーカーやカッの一連のブランド本やケラー(K.L.Keller,)の『戦略的ブランドマネジメント』といったブランド戦略本が定番のテキスト、研究書でした。とはいえいずれも膨大かつ難解なものであり、とくに事例の大半が欧米の企業や製品・サービスであったため、わが国のビジネスマンや経営者、学生にとっては馴染みにくいものでした。そうした状況を一変させる素晴らしい本が誕生しました!  それが田中洋顧問の『ブランド戦略論』(有斐閣、2017年12月10日刊)です。

同書は「理論、戦略、実践、事例と包括的にブランドをとらえつつ、具体的なポイントも示し、実践的な知見を豊富に蓄積してまとめ上げられた」ものです。524頁からなる大著のブランド体系書は「日本初」と言ってよいでしょう。

ブランドを「認知システムとその知識」という定義から解き明かし、交換、イノベーション、歴史、戦略(構築、経営、マーケティング、コミュニケーション)、ブランド拡張、グローバルブランドなど、従来議論されてきたありとあらゆるブランド研究を集大成した一書です。

しかもこのような本格的な書物が、4,000円(本体価格)で入手できるのも魅力です。研究者だけでなく広くビジネスマンや経営者のための“バイブル”として当研究所の会員をはじめ多くの皆さんに推薦するものです。

田中 洋氏
中央大学 ビジネススクール教授
1951年名古屋市生まれ。博士(経済学)京都大学。南イリノイ大学大学院ジャーナリズム研究科修了、慶應義塾大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得。日本マーケティング学会会長。マーケティング戦略論・ブランド戦略論・広告論専攻。

2017/12/25