最新情報

HOME» 最新情報 »2012年4月11日開催 キックオフ・フォーラムへのご出席のお礼とお願い

最新情報

2012年4月11日開催 キックオフ・フォーラムへのご出席のお礼とお願い

2012年4月11日開催
キックオフ・フォーラムへのご出席のお礼とお願い
一般社団法人 ブランド戦略研究所 理事長
関西大学商学部教授 陶山計介

春陽の候、皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

去る4月11日に大阪商工会議所で開催されました「一般社団法人 ブランド戦略研究所」キックオフ・フォーラムおよびその後の懇親会にご参加いただき、誠に有難うございました。おかげさまで、フォーラム出席者は弊所会員の皆様、入会をご検討中の企業・団体の皆様、ご紹介者など50名ほどの参加者を得て、大変盛況でした。東京からは山本学最高顧問・山本国際マーケティング研究所代表、大石芳裕顧問・明治大学教授などにもわざわざご出席いただきました。厚くお礼申し上げます。

佐藤登サムスンSDI常務からは、ソニー、パナソニックなどわが国の電機メーカーを凌駕した感のあるグローバル企業サムスンの大躍進の秘密を、アメーバ的経営と競争的な企業風土の観点からご紹介いただきました。またグローバル戦略を支える協業体制やSWOT分析も大変興味深いものでした。エンジニアの髙崎充弘社長は、従業員30名の中堅企業ながら、「平成23年度全国発明表彰」などを受けたネジザウルスなど超ユニークな工具開発ストーリーについてお話しいただきました。MPDP(マーケティング、特許、デザイン、プロモーション)の重要性についてのご指摘はきわめて説得力に満ちたものでした。

一見するとサムスンとエンジニアはグローバルとローカル、巨大企業と中堅企業というように対極にある会社と思われるかも知れませんが、お二人の講師のお話やパネルディスカッションでの討論からすれば、ともにビジネスの枢要であるミッションやビジョンに基づいたアイデンティティ経営を実践されている点、ブランドの大切さを意識しながらマネジメントやマーケティングを展開されている点、そして何よりも佐藤常務や髙崎社長をはじめトップやリーダーが責任感をもちながらも、生き生きとまた楽しく仕事をされていることが共通しています。さらにお二人の講師の人間的な魅力にあらためて感服いたしました。サムスンもエンジニアもまだまだ広大かつ豊かなポテンシャルに満ちた会社で、当分目が離せないところと実感しました。

その後、佐藤常務、髙崎社長、中川博司専務理事と私を加えたパネルディスカッションでは、鶴本祥文理事の司会のもと、「企業にとってのブランド戦略の意義」、「経営、マーケティング、知財の三位一体化」、「ブランド戦略研究所に期待すること」というテーマについて大変貴重な討論がなされました。

「一般社団法人 ブランド戦略研究所」も同日、理事会、会員総会を開催し、研究所としてスタートしたところです。ご期待に応えるべく役員一同精一杯努めさせていただくつもりです。会員を初めフォーラムにご出席いただいた皆様方には、あらためてお礼を申し上げるとともに、倍旧のご指導、ご鞭撻をいただければ幸いです。次回は、東京でフォーラムを6月27日(水)に、大阪で定例研究会を7月17日(火)に、それぞれ開催予定です。皆様方には、是非、このような「一般社団法人 ブランド戦略研究所」にご入会いただきますよう、心よりお願い申し上げる次第です。

最後になりましたが、皆様方のますますのご健勝とご多幸、会社や事業所、事務所などのますますのご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

敬具

 

 

 

2012/04/13

最新情報

お問合せ


〒564-8680
大阪府吹田市山手町3-3-35
(関西大学商学部陶山研究室内)
 TEL:06-6368-0665
 FAX:06-6339-7704

管理画面

powerdby